サウンド アクセラレーター SA-1 mk2
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

サウンド アクセラレーター SA-1 mk2

¥22,000 税込

送料についてはこちら

スピーカーユニットに取り付けることによって、信号再生時にユニットへ生じてしまう電磁誘導信号を消し去る装置です。 サウンドアクセラレータの高級モデル、SA-1がバージョンアップされました。旧SA-3とほぼ同じ性能になり改善度合いも向上いたしましたが、価格は据え置きで22,000円(税込み)です。 SA-1mk2は、高級部品を使用した高性能なサウンドアクセラレーターです。 取り付け用のリード線には、自社開発のΦ0.8mm径高純度銀単線を使用しております。レンジが広くなり、スピーカーの口径をまったく感じさせない音の広がりをご体感ください。ウーファー、ミッドバス、高性能ツイーター等にお勧めです。 取り付け方法は、製造元のオーディオラボ様のwebサイトを御覧ください。 https://www.audiolabo.co.jp/pg269.html *1個あたりのお値段です。 *2Wayスピーカーのペアであれば、4個必要になります。 最大許容入力 1250W / 8Ω負荷時 【ここから能書きです】 音楽再生時にアンプからスピーカーへ信号が流れると、スピーカーユニットのボイスコイルへ信号が印加されますが、同時にマグネットやフレームの金属部分にも信号が電磁誘導されてしまいます。この時に音声を再生しようとするベクトルと逆向きの斥力が発生してしまいます。 かつてはフレームアースを接続することによってこの影響を抑えようとする試みもオーディオ界には存在しましたが、主流となることは叶わず消え去っていきました。 サウンドアクセラレーターは、その ”誘導信号の波形成分のみを取り出し除去する" 装置です。 装着することにより、下記のような効果が体感できます。 ・大型ホーンやドライバーにありがちなホーン鳴き、大音量時のうるささ、歪み感が消し失せます。 ・再生音の透明感、サウンドステージの広がりや分離感の向上が叶うことにより、全てにおいて生っぽくなります。 ・大口径のウーファーが軽々と動くようになり、超低域まで楽々と再生します。 ・エンクロージャーのこもり、箱鳴り、ダクトの共振音等不快に感じられるポイントが全て消し失せます。 なお、周波数特性やインピーダンス特性には変化を与えません。 ・外形寸法  40mm+30mm+20mm 30g (SA-1 mk2, SA-2 mk2) 30mm+18mm+20mm 24g (SA-4) 20mm+15mm+15mm 20g (SA-5) ・ケース材質 105度耐熱プラスチック モールド ・リード線 材質:99.99%純銀単線、特許製法 端子用90mm+2本(端末処理なし) 金属部分用290mm+1本(端末処理なし) SA-4/SA-5 は錫メッキ銅単線(小型スピーカー、カーステレオ用) ・ヨークプレートとフレームを接続するための錫メッキ銅単線は付属しています。 仔細な情報は、製造元のオーディオラボ様のwebサイトを御覧ください。 https://www.audiolabo.co.jp/s_accelerator.html